information

topics

みんなが集まる交流の場 「もくようマルシェvol.21」

みんなが集まる交流の場 「もくようマルシェvol.21」

ちょっぴり慌ただしい夏休み最後の一週間。
8月22日木曜日「もくようマルシェvol.21」が開催されました。

もくようマルシェに来たら、ゆったり過ごしてもらいたい、お子さんと一緒に楽しく過ごしてもらいたいと、出店者さんたちは、「夏休み特別ワークショップ」を準備してくれました!

ゆったりとした時間が流れる中、出店者さんはお客さんと会話を楽しみ。
お客さんは、各ブースを回って思い思いにワークショップを楽しんでいるようでした。

 

1

 

 

夏休み特別ワークショップ


・けしゴムはんこtom☆
はんこペタペタ押し オリジナルのうちわを作ろう!
・コモノヤ
簡単便利!手拭いであずま袋を作ろう!
・Carlotta
キラキラ盛り盛り スイーツレジンアクセサリーを作ろう!
・Amarachi

組み合わせ自由!アフリカ布でガーランドを作ろう!

 

Amarachi(アマラチ)さんのワークショップの様子をのぞいてみましょう。

 

2

 

 

珍しい柄と色合いは、パッと目を奪われます。

Amarachi(アマラチ)さんが扱う布は、アフリカセネガルから輸入しています。

アクセサリーや小物作りからスタートし、今は洋服の販売、オーダーなど活動は広がっています。

 

3

 

▲布を使ってもの作りをすると、ハギレがでます。
その貴重なアフリカ布のハギレをさらに生かせないものか?

 

コラボ作品

 

▲常連の出店者であるコモノヤさんが提案をしてくれた作品がこれ!

布を重ね合わせ、角にコモノヤさんがトルコの伝統手芸「イーネオヤのニードルレース」をほどこし、コースターに仕上げました。

※イーネオヤとは、縫い針を使って編むトルコの伝統手芸のひとつであり、結びのレースの一種です。
異国のコラボレーションがなんとも美しい仕上がりに。
※コースターは、9月1日(日)出張もくようマルシェvol.5 in イオンモール利府 で販売予定!

 

******************

 

地域おこし協力隊とけしゴムはんこtomさん

もくようマルシェには、様々なお客さまが定期的に来館します。
地域おこし協力隊の吉川さんもその一人です。

 

4

▲地域おこし協力隊の近江さん(写真左)と吉川さん(写真右)

 

今年4月、東京から「地域おこし協力隊」として利府町へ移住。梨農家として、奮闘しています。
吉川さんは梨の発信やPR活動、利府町のことや地域のことなど幅広い活動を行っています。

※地域おこし協力隊とは
人口減少や高齢化等の進む地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行い、地方の定住・定着をはかり、住民と一緒に地域力の維持・強化を目的とした制度です。

 

6

 

吉川さんは、けしゴムはんこtom☆さんに相談し、オリジナルの梨はんこをオーダーしました。
梨の品種が書かれた、ぷっくりかわいいハンコが出来上がりました。
これからどのように使われるのか、楽しみですね!

 

******************

 

 

オーダーやワークショップがゆっくり行えるもくようマルシェ。
そして出店者同士の交流の中で生まれる新たな発見。
お互いの信頼関係が成り立っているから、成せる技なのかもしれませんね。

 

8

 

★次の出店は9月1日(日曜日)
「出張もくようマルシェvol.5 」inイオンモール利府


テーマは
「秋の準備をしよう。かわいいもの、おいしいもの」 です。
秋の装いでお待ちしております!
イベントページはこちら

https://www.facebook.com/events/1284912525011288/?ti=cl

 

(tsumikiコーディネーター 大宮紗妃)