information

topics

みんなのアイディアが形になる リフバックプロジェクト 第3回最終ミーティング

エコバッグを使うことが、日常的になりつつある今。
「tsumikiのエコバッグはないの?」と、声が聞かれるようになりました。

「リフバックプロジェクト」は、そのような声を受けて利府町ならではの、オリジナリティあふれるバックを作ってみよう!というプロジェクトです。

 

***********

 

9月12日(木)に、最終ミーティングが開催されました。
ミーティングでは、これまでの振り返りをしたあと、

 

→第1回 アイディアミーティング
→第2回 デザインミーティング

 

「利府町ならではのオリジナリティー」
「エコバッグを通して伝えること」を、どう入れ込むのかを考えました。

 

リフバッグ2

 

◆利府町ならではのオリジナリティー

 

みなさんからのアイディアの種を見てみると、

利府町=梨 というイメージ
梨を並べるデザインが人気でした。

そこから、さらにオリジナリティーや利府らしさを考えていきました。

 

このエコバッグをもつことで、

「梨のことが詳しくなったらおもしろい」
「梨の種類を言えたらおもしろい」
「梨の収穫時期を言えたらおもしろい」

そんな「おもしろい」をデザインに入れ込むことにしました。

 

リフバッグ3

 

 

◆リフバッグを通して伝えること

 

いまやエコバックは、買い物時に使用するだけでなく、その他にもいろいろなシーンで使う姿を目にします。 消費者は、自ら気に入ったデザインを選び、日常の買い物を楽しんだり、私流に使うことで、エコバッグ自体に愛着をもつようです。

 

リフバックも、買い物の時だけでなく
「日常でも使ってもらえるようなバッグにしてもらいたい!」

 

みなさんから集まったアイディアから、
梨をモチーフにし、年齢関係なく誰でも持てるバック。
利府梨についてより知ってもらい、誰かに聞かれたときに、梨について話さずにはいられない
そんなバッグになるようにデザインしました。

 

プロジェクトメンバーは、利府梨をモチーフにした「リフバック」が、地域を越えて広まることを妄想…。

 

リフバッグ4

 

エコバックは、ただいま試作発注中です。
販売も予定していますので、乞うご期待!

 

 

(tsumikiコーディネーター 大宮紗妃)